固定買取制度満了とは?

2009年に開始された太陽光発電の買取制度。
これは10年間の買取期間が設定された余剰電力が買取りの対象となる制度です。
2019年より契約が順次満了となり、
買取り価格が大きく下がることが懸念されています。

買取期間が終了したらどうすればいいの?

買取期間が終了した電力については、電力会社の買取義務はなくなりますが、
2つの選択肢で有効利用が可能です。

買取期間が終了後の2つの選択肢とは?

使い切れなかった電力の活用方法は?

グッドライフ 電力 自家消費

蓄電池・エコキュート・電気自動車等と
組み合わせて『自家消費』する

メリット1

昼間に発電した電力を電気製品や電気自動車などに使用しつつ、
余った電力を貯めることで夜間にも使用できます。
電気を貯めておけば災害時でも使用できるので、
いざという時に助かります。

メリット2

蓄電池に電気を溜めるのは電気代が安い夜間。
夜間電力で電気を溜めて、電気代が高い昼間に使うことで
トータルの電気代が安くなります。

家庭用蓄電池をご希望の方はこちら
グッドライフ 電力 自家消費

余った電力を売買する

グッドライフ 電力 自家消費

小売電気事業者などと個別に契約し、余った電力を買い取ってもらうことができます。

売電をご希望の方はこちら

電力の地産地消を実現します

〜未来のために自然エネルギー100%を目指して〜

ここ10年スマートフォンによって人々の生活は大きく変化し、
劇的に人類を発展させました。同じくここ数年、日本では再生可能エネルギーも劇的に増えました。
その結果3.11以降「原発反対」の世論が、現在では「太陽光反対」という声も聞かれ始めております。

自分達が良いと思っている事が、良いと思わない方もいる…
勿論色々な価値観がある事は承知ですが、改めて電気に対して真剣に考えてみました。

今まで無限にあると思っていた電気が原発事故1つで、社会が機能しなくなる。
一方、原発に頼らない再エネは、「景観が損なわれる」等の問題がある。
でも電気は必要。
石炭石油の価格は上昇し、電気代は増える。
人口が増えるなか、限りある資源を奪いあう事になる。
これからEV等の登場でもっと電気は必要になってくる。
この色々絡みあった問題、どうしたら解決出来るだろう?

そこで私達は一つの答えを出しました。
「地域でエネルギーを生みだし、地域で消費する」
何も新しい事ではありませんが、今まで電気はこれが出来ませんでした。
しかし、再生可能エネルギーの登場でこれが可能になったのです。

でも、もう一つ課題が残ります。
「消費するシステムがない」
地域で作った電気を地域の方々が使うシステム。
これを作る事が私達のビジョンです。
100年後、再生可能エネルギーの電気は、ほぼ無料の電気になっていると私達は考えます。

馬鹿にされても、笑われてもいい。
今と変わらない未来を創造するより、100年後に笑顔が増える事を考え、実行した方が良いと思う。
これが私達の仕事です。

個人情報保護方針について

1. 個人情報保護宣言

北澤美術館(以下「弊社」といいます。)は、お客様からご提示いただいた名前、住所、電話番号、性別その他のお客様個人に関わる情報(以下「個人情報」といいます。)の取り扱いについて規定を定め、個人情報の適切な保護に努めてまいります。

2. 個人情報保護方針

  • 弊社は、個人情報保護法及び通信の秘密に係る電気通信事業法の規定その他の関係法令を遵守します。
  • 弊社は、電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン(平成16年8月31日総務省告示第695号)を遵守します。
  • 弊社では取り扱うすべての個人情報に対し、適切な管理を行います。
  • 弊社で業務に従事するすべての者は、お客様各種個人情報を守り、その信頼に応えます。
  • 弊社は、情報への不正アクセス、情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防ぐため、必要かつ適切な安全管理措置を講じるとともにその改善に努めます。

3. 個人情報の取扱について

  • 利用目的の特定
    弊社では、取得したお客様の氏名、住所、電話番号等の個人情報を下記の目的で利用します。弊社のサービスの提供、お客様の本人確認、料金の請求、お問合せ対応、弊社が提供する他サービスのお知らせ・各種イベント・キャンペーンの案内に利用いたします。
  • 個人情報の開示
    弊社は、お客様から自己に関する個人情報の開示の請求があった場合は、本人確認を行ったうえで、これに応じます。また、個人情報の内容の訂正等の申出があった場合も、速やかに対応いたします。
  • 個人情報の利用・提供
    サービスを提供するために必要な範囲でお客さまの個人情報を取得し、取得目的の範囲内で利用・提供を行います。
  • 第三者提供
    弊社は、個人情報を取得目的の範囲内で利用するとともに、適切な方法で管理し、個人情報の提供先とその利用目的を通知し承諾を得ることを行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。ただし、次の場合はこの限りではありません。弊社が行う個人情報の第三者提供は以下の通りです。
  • 刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合。
  • 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合。
  • 生命、身体又は財産の保護のために必要があると弊社が判断した場合。

4. リンク先における個人情報について

弊社ホームページでご紹介いたしております、他の会社、団体のホームページ(ウェブサイト)について、リンク先のホームページ(ウェブサイト)にて行われる個人情報の収集、取り扱いに関しましては、弊社は一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

5. プライバシーポリシーの改訂について

弊社では本ポリシーを適宜見直し、改善を図ってまいります。
本ポリシーが予告なしに変更されることがありますことをあらかじめご了承下さい。